東京二日目

MENDERです。

さて、途中で終わっていた旅のレポート、二日目をしたいと思います。

この日は朝の6時にアサラトナイトを終わり、HINDOやナイトで出会った人々と別れ、ネットカフェに転がり込んで眠りに着きました。

起きたら3時。

吉祥寺に来たら、ということで井の頭公園を一人で散策。
いろんな人が楽器を鳴らしたり散歩したり。すごくいい場所、いい空気。


e0182728_23191153.jpg

そこで、ふと道端の露店に目をやると、そこにはカリンバが。カリンバってのは、オルゴールみたいに金属のピンを指ではじいて演奏する、アフリカの楽器です。

手にとって見ると、露店で買えるレベルの作りではないいいもの。2千円出してひとつ買いました。

写真がそのおじちゃん。どーもあとからネットで調べると、割と有名な人のよう。

このカリンバ購入が、後のサプライズの伏線になっているとは・・・


その後、旅の最後をかの有名な聖地、 ぱちか村で締めくくろうと思い、高円寺に移動。

ここは東京に来るたびによっているので、お店の人も顔見知り。するとその日、なにやらライブがある模様。出演者を見ていると・・・
e0182728_23382232.jpg
なんとそこにはHIROYUKIさんの名前があるじゃありませんか!!

ってもほとんどの人が分からないと思います。HIROYUKIさんとは、今書いたばかりのカリンバの、超絶奏者として、その世界では有名な方です。一度映像を見たら、尋常ではないことが一目でわかります。

http://wiki.livedoor.jp/plumusic/d/HIROYUKI

いつか生で見てみたいと思っていた人です。

ええ、見れました。やっぱり、とんでもなかったです。
どうやったら親指1本であの音が出るのか。

演奏後に話しかけたら、すごく気さくな方で、カリンバのことや演奏活動についていろいろ教えてくださり、写真も撮ってしまいました。



ということで、本当に盛りだくさん、いろんな人に出会えたこの旅が終わりました。帰りのバスは充実感で胸一杯。。。



ここ最近、すごい人をいっぱい見た。

キシマジャパテ。

アサラトナイトのライブ陣。

HIROYUKI。

世の中で、きっと達人と言われる種類の人たち。
強烈な印象を与え、見る人を楽しませることができる人たち。


自分もいずれは、出会った人にそう思ってもらえるような腕になりたい。

26歳秋、本当にいい旅でした。
[PR]

by balink8 | 2009-09-24 23:52 | アサラト  

<< パーカッションハウスPICO シルバーウィーク・アサラトとともに >>