千里の道も

最初を踏み出す一歩から。

どんな達人でも、最初はみんなそうでしょう。


先日のイベントで知り合った男の子が、たいへんアサラトに興味を持ってくれたので、今日の仕事帰り、改めて会ってきました。


そして寒い公園で、初のアサラトレクチャー。凍えるような中で、わずか30分くらいで両手フリフロをものにし、ディレイドフリフロまで行ってくれました。

彼はぐちゃぐちゃになったルービックキューブを1分でそろえるということができるという技の持ち主。

まあそれは全然関係ないんですが。


これから将来が楽しみです。

千里の道はとてもとても長いけど。

がんばってほしい。




ところで、だいぶその道を歩いてきた僕ですが、先日も書いたとおり、最近本当に腕を上げました。


先日の日記では自分が3つも4つもレベルがあがった、と書きましたが、最近会った友人が、こう言ってくれました。

「これまでがレベル50だったら、70くらいになってる気がする。」


別の友人は、

「もうこれ以上うまくなりようがないと思っとったのに、全然あるんじゃね。」

とも。


これ、二人ともアサラトプレイヤーじゃなく、しかも会うのがたった2、3カ月ぶりの友人の言葉だから、価値があると思います。

素人目にも分かるというのはそうあることじゃありません。


もちろん自分でも、はっきりとそれがわかる。


長いこと続けて、こんなにもそれが意識できるのは初めてです。

間違いなくナイトのバトルのおかげです。我ながら、あの夜と比べても完全に別人。



これだから、アサラトやめられませんね004.gif

それでは今日はこの辺で~
[PR]

by balink8 | 2010-03-11 00:34 | アサラト  

<< 二日連続 つちのこかぞくさん >>