二日連続

今日仕事帰りに、ロッキンジャムからほど近いところにある、袋町公園でアサラトを振っていると。

一人の男の子に声をかけられました。


彼は21歳で、ボイスパーカッショニストとのこと。


アサラトをやっている僕に興味を持って話しかけてくれたのですが、仕事帰りの僕はもちろんスーツ。


スーツで民族楽器をカチカチ鳴らしてる怪しい僕に、よくぞ話しかけてくれたものです。



口琴を紹介すると、彼はアサラトよりもそちらに興味があるようで、今度教えてあげることになりました。



即興セッションしてみると、ボイスパーカッション、相当の腕。

・・・いや、口か。笑。


練習量がよくわかりました。


そのうち一緒のステージでもあがれたらなぁ、と思います。


昨日の彼は22歳。

彼は21歳。


いやぁ、27歳になっても日々新しい出会いがあり、若者であっても、目上の人であっても、面と向かって話し合えるのは間に音楽があればこそ。


やっててよかったアサラト。


3月は、ライブ告知した21日のJAMa-z以外に、ソロでも2本ライブがあります。

がんばっていこ!!
[PR]

by balink8 | 2010-03-12 00:36 | アサラト  

<< 大正琴 千里の道も >>