大正琴

どーも、最近いろんなところでいろんな人との出逢いがあり、日々嬉しく思っているMENDERです。


今日は一人車を飛ばして1時間、友人と一緒に「大正琴」という楽器の先生の家に行ってきました。


皆さん「大正琴」って知ってますでしょうか。


知らなければこちらを御覧ください。

http://www.kindenryu.co.jp/

いやあ。僕がいうのもなんですが。


世の中いろんな楽器があるものです。

e0182728_23254152.jpg

さて、家に着くと玄関に看板が。


そこには、「師範」の文字。


むむ、かっこいい。


家も、師範の名に恥じない超豪邸。

玄関のガラスはステンドガラス。

階段は映画のお城で貴婦人が手をかけて降りてくるシーンを想像するようなつくり。

テレビめちゃめちゃ大きい。

掘りごたつ。

うーん。





まそれは全然本題とは関係ないんですが。

先生とは、以前に参加した、とある教会の演奏会で知り合いました。

その際にたいへん僕の楽器を気に行っていただき、ぜひ一緒に何かしましょう、ということで招かれました。


大正琴とは今まで知らなかったんですが、琴というよりギターに近いような印象を持つ弦楽器。

アサラトとのセッションも容易そうです。


マイナーな楽器かと思いきや、愛好家も多く、県大会や全国大会まで行われている、とのこと。

なんと社団法人の協会まであるとのことです。042.gif

e0182728_2338512.jpg



さて、今日は一日、先生と僕の友人、先生の娘さん、娘さんの小さいお子さんたちといった不思議なメンバーで、豪邸でほのぼのとして過ごしました。


しかし、一緒に演奏しようという話はとんとん拍子に進み、なんとできたらこの楽器の広島県大会の場でアサラトとセッションしよう、という話になりました。

演奏者は僕の母親世代のマダム、32名。

そこに僕のアサラトと口琴。


はっきり言ってかなり無茶な気がしますが、それはそれ。

場所も厚生年金会館なんていう、普段立つことができないような大きな会場です。


演奏する曲も僕の大好きな、アンジェラ・アキ「手紙~背景十五の君へ~」。


3月21日とすでに日も迫っていますが、できるものならがんばってみようと思います。


こんな風に、アサラトでいろんな楽器の人とつながっていけることって、本当に嬉しいなぁ、と思ったMENDERでした003.gif
[PR]

by balink8 | 2010-03-13 23:40 | アサラト  

<< Guinea Music o... 二日連続 >>