やんちゃな孫と楽器のケースと

MENDERです。

GWも終わった、8日の土曜日。

例の大正琴の先生の家を再びお訪ねしました。

前回のことを御存じない方は3月の記事をどうぞ。

http://asa2.exblog.jp/12304041/


なんと、先生とその娘さんに、アサラトをやってみたいと言っていただき、お教えしにいくことになったのです。


車で1時間の熊野町の到着すると、まずはご飯を御馳走になりました。


先生と娘さんと、そのさらに娘さん(まだ3歳と1歳)と、和食の個室レストランでいただきました。



・・・。



女3代の中に僕が一人。



なにか面白い空間。笑。



先生のお孫さんは女の子なのにかなりやんちゃ。お茶をひっくり返したり、せわしなく動き回っています。



ご飯後にお宅にお邪魔すると、この春から行き始めた幼稚園で作ったものや、もらったシールなどいろんなものを見せてくれました。


子育っててのはたいへんだー、と思うと同時に、なんだか癒されました。


e0182728_030145.jpg

そして先生の娘さん。

僕より多少年上でお子さんも二人もおられますが、全然同世代な感じ。


ライブにも何回も見に来てくださっています。


クラフトを作るのが趣味とのことで、今回熊野を訪ねた僕に、なんとサプライズでアサラトケースと口琴ケースを作ってプレゼントしてくださいました。



いや、嬉しいですねー003.gif


さっそく楽器をつめて使わせてもらってます。




さてさて、肝心のアサラト。


大正琴歴25年の師範である先生も、フリップフロップから大苦戦。

娘さんの方がコツをつかんだ感じでしたが、それもすぐにはできず。


結局途中で帰ってこられて練習に参加された娘さんの旦那さんが一番先に進んでしまいましたので、あとを託して熊野町を後にしました。


音楽というのは、今までまるでつながりがなかった人たちを結び付けてくれるものだなと、改めて思った一日でした。


それでは今日はこの辺で~
[PR]

by balink8 | 2010-05-10 00:33 | アサラト  

<< 緑風花 カッコいい動画 >>