JJF2010総括、アサラトとジャグリング。


少し間が空いてしまいました汗

ジャパンジャグリングフェスティバル、通称JJF、行ってまいりました。


チャンピオンシップのことはすでに書いたので、その他のことを。


僕がそもそもこのイベントに行ったのは、ジャグラー「しんごマン」がいたから。


彼は弱冠20歳にして、日本のボールジャグリングの最先端を行く男。7ボールの耐久時間の日本レコードホルダーでもあります。


アサラトにも手を出していて、かなりの腕前。

今年度のフリースタイルバトルにも参加し、ジャグラーならでは構成で観客を沸かせました。



こいつはすごい奴だと思いました。おまけにイケメン。笑。



またいずれ会いに行こうと思っていたところ、山口で行われるJJFに来るという話。


それで僕も足を延ばしたわけです。



結果として、本当に行ってよかったと思います。


僕は一応ミュージシャンですが、3割くらいはパフォーマー。


アサラトの場合、どちらとも仲良くなれるのが、すごくいいところ。


今回は本当に刺激を受けました。


本当に多くのすごい人に巡り合いました。


日本最大のジャグリングショップナランハの店長さん。


僕でも名前の聞いたことのある天才ジャグラー。


何より、今大会にゲストとして招かれた、世界最高峰のパフォーマー、ステファン・シング。



みな、鳥肌が立つような業を持っていました。



アサラトにしてもジャグリングにしても、人に見てもらい、感動してもらえるレベルになるには、途方もない苦労が伴います。



それが手に取るように分かる。


そして、それを分かってもらえる。


今回参加して一番嬉しかったのは、アサラトをする僕の周りを日本トップジャグラーたちが取り囲み拍手喝采してくれたこと。


しんごマンがいてくれたからというのもありますが、僕が技を持っていなければこうは交流できなかったでしょう。


分野は違えど、お互いの技を通して繋がれる。


音楽とまったく同じです。


今回はそれが日本最高峰の人たちだっただけに、嬉しさもひとしお。


来年も絶対参加しよう。


そう強く思いました。


これで僕のアサラトも、確実にまた進化します。



季節は秋。



もっともっと、がんばります!!
[PR]

by balink8 | 2010-09-22 22:20 | アサラト  

<< JAMa-z×つちのこかぞく2 達人たちの闘技場。 >>