MENDERと広島大学遊技団。

さて、日曜日の今日。


広島大学で開催された、「ゆかた祭り」に行ってきました。


年齢的にはもうすっかりアラサーな僕ですが、アサラトのおかげで若いパフォーマーやミュージシャンとは付き合いがいっぱいあります。


今回も行ってきたのは「広島大学遊技団」のパフォーマンスを見るため。


広大に行くのもすっかりおなじみになってきました。


今回は、中でも仲のいい大道芸人にして遊技団団長「れもん」の引退パフォーマンスでもありました。


大学のサークルなので、一人ひとりのレベルはほんとにバラバラなんですが、彼らを見ていると、みんな楽しそう。

僕はどちらかというと技術に取りつかれているタイプなので、それが一番大事だなぁと思いかえせます。


今日のパフォーマンスの一こま。

e0182728_0373364.jpg



バルーンアート「白と黒の世界」とのこと。なかなか大したものです。


そして今日のメインは、3年生たちによる引退パフォーマンス。就職活動を迎える関係上、このお祭りを持って、世代交代をしていくのが慣例だそうです。


ほとんどのメンバーが知りあいだけに、僕もすごく感情移入しちゃいました。


技術云々じゃないものが、いっぱい伝わってきました。


団長のれもんが最後のあいさつで泣いてるの見て思わずこっちも泣いちゃうとこでした。



青春ってのは本当にいいもんです。



この年になってそれに触れて、幸せな日曜日でした。


彼らにはそれぞれこの後の道があります。


でもこの大学でサークルをともにした同期とは、一生付き合って行ける仲間になるはず。


それを胸に、別々の道を歩いてほしいなぁなんて思いだしたら、僕もいい年ですね。笑。




それでは最後に記念の写真を一枚。MENDERと、広島大学遊技団3年生です。


e0182728_034276.jpg



それでは~
[PR]

by balink8 | 2011-07-03 23:28 | アサラト  

<< センス。 ここのとこ。 >>