2011年 03月 09日 ( 1 )

 

ダンスステージの真ん中で。

先週末の話を少し。


土曜日、久しぶりにライブを見に行きました。


ドラム界で『手数王』の異名をとる超有名ドラマー菅沼孝三氏と、ディジュリドゥのユニット、「異打樹」。


菅沼さんは普通にオリコンをにぎわすバンドのバックドラマーをいくつも務め、世界を相手にやっているプロ中のプロです。


ドラムのソロは、ほんとに人間業とは思えませんでした。


世界ナンバー1のナンバーズジャグラーのアンソニーガットーの動画見た時くらい衝撃受けました。


例え分かりづらいか。


そんでもって日曜日は、ダンスイベントで、タップダンサーLYOMAとの、2回目のステージ。


大きなホールでやったのですが、二人のセッションの前にアサラトもソロでやらせてもらいました。


その日いくつもいくつもあった演目の中で、唯一音楽がかからないのが僕のステージ。



何百人が見守るシーンとしたホールの真ん中で、アサラトの音が鳴り響くのは多分ちょっとシュール。


お客さんのノリがよく、ロールや餅つきのところでプレイ中に拍手喝さい。


あんなに気持ちいい舞台もそうそうありません。



もちろんLYOMAとのステージも大成功。



めっちゃいい日になりました。



アサラトのおかげで、ほんとにいい経験いっぱいできてます。


怪我をしてるザキさんの指もだいぶ治ってきたので、JAMa-zもようやく再始動できそうです。



よーし、またいいライブできるようがんばろ!!!
[PR]

by balink8 | 2011-03-09 00:35 | アサラト