<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

すごい動画

いや、アサラトじゃないけどさ。

とんでもない動画見つけました。



どうなってんのコレ。


かっこよすぎる。



・・・まだまだ鍛錬が足りない。


『千日の稽古を持って鍛とし
 万日の稽古を持って錬とす』

         by 宮本 武蔵 

いや、万日て・・・
[PR]

by balink8 | 2010-03-06 12:04 | アサラト  

投げることを考える。

MENDERです。

今日はアサラトの投げについて考えてみます。

先月20日の記事、

その男、juicy

でも触れたjuicyさんの投げ。これは、僕にとっての投げ技の理想像に、非常に近いものです。


あくまで僕の考察ですが、理由は2点。


・投げる、というよりも、空中で回転させている。
アサラトが上に飛んでいない。
遠心力を利用しているから、手もほとんど上下に動いていない。


・アサラトを投げて手から離れた瞬間に、もう手がキャッチする地点に向けて、まっすぐ動きはじめている。



それだけのことですが、これは僕の経験上、何万回も何十万回も投げ続けないと、容易に身に着くものではないと思います。

すごくきれいに見えます。

断言できますが、juicyさんは目をつぶっていても投げてキャッチできると思います。


僕も毎日繰り返して、ちょっとずつでも自分の頭の中にある理想に近づけたいですね。



投げというのは、楽器であるアサラトの本質ではないでしょうが、パフォーマンスには重要な要素。


何よりも僕のスタイルにはかかせないものになっています。



投げを広めるためにも、そのうち動画でも撮って、アサラト投げ講座でもこのブログでできたらいいなぁ、なんて思うMENDERでした023.gif
[PR]

by balink8 | 2010-03-05 20:34 | アサラト  

世界のアサラト事情

さてさて、3日間に渡ってレポートしたテレヴィ.ネットですが、結局のところ何のことかいまいちわかりませんでした。

ただ、このサイトを含め、いろんなアサラト動画を見たり、海外で生活していたアサラティストの話を聞くにつけ、想うことがあります。


きっと日本人は、世界一アサラトがうまい。



紐と本体繋がってするパフォーマンス、アサラトとなんとなく似たような印象を受けるアイテムに、「ヨーヨー」があります。

最近のヨーヨーの進化度合いをご存知でしょうか。

知らない方は、とりあえず世界チャンピオンの動画をご覧あれ。




はい、ハンパじゃありませんね。

扱うものが違うので、単純に比較はできませんが、おそらく習熟度はアサラトのトッププレイヤーよりはるかな上な気がします。

なんせ向こうは歴史があまりにも長いです。


そのヨーヨー、世界チャンピオンがあるということは世界選手権があるのですが、なんと去年の2009年は、全ての種目で日本人がチャンピオンになったとのこと。


日本人は手先が器用だとか、集中力があるとか言われますが、本当にそうなんでしょうね。


アサラトもきっと日本人が世界一。

ということは、日本のフリースタイルバトルは、世界一を決める大会だといっても過言ではないでしょう。


世界一。そりゃオリンピックみたいな舞台とは比較にならんですが。


すごい気がしてきます。

来年目指し、ふつふつとやる気がわいてきたMENDERでした☆
[PR]

by balink8 | 2010-03-04 01:06 | アサラト  

THELEVI.NET 2

うーん。

MENDERです。

今日一日見てみましたが、結局例のページの後半はよくわかりませんでした。

変な記号がいっぱいでてきます。


途中までは、右手の3拍子、左手4拍子みたいな拍子の違いでリズムを解説してるんだと思いますが、最後の方はカオスです。


ドイツ語のできるアサラティストがいたら、僕の代わりに解説してください。

ドイツ語だけは勉強する気にならないんです。


さてさて、今日は嬉しいニュースがありました。


あのアサラトリックさんにミクシィで足跡をいただいたので、メッセージを送ってみると、マイミク申請してもらえました。

このブログも読んでもらっているとのこと。


嬉しいですねー003.gif


これからもがんばって、世の中のアサラティストに楽しいネタを提供していこうと思うので、応援よろしくお願いしマース☆
[PR]

by balink8 | 2010-03-03 01:09 | アサラト  

THELEVI.NET

MENDERです。

さてさて、昨日の続きです。

・・・と、書いていて思いましたが、続きが気になってる人なんかいるんでしょうか。

きっといますよね。

まあそれは気にせず先に進みましょう。


昨日紹介したページ、http://www.thelevi.net/

ですが、ドイツ語というのは間違いないようです。

なんでかって言うと、グーグルのツールバーに、「これはドイツ語のページです。翻訳しますか?」ってでたから。

ということは、とりあえずドイツにもアサラトがあるということが分かりました。


よりによってドイツかよ。


・・・なんでよりによってとなるかは、話が長くなるので省略しますが015.gif


とりあえず「翻訳」を押してみます。


・・・。。。

期待した僕がバカでした。


参考までに、もっとも基本的な技である、フリップフロップを説明しているであろう部分を抜粋します。


『基本的な運動
時院やすさと、リングから小指をリリースすることができます成功telbewegung%予熱舐tsbewegungのボールを開催しました。一度、彼とは親指 - 昔、彼は彼のボールを手に横たわっガラガラに対して一方の端を - 手の周囲に円形のボールを周囲の動きが、この自由舫院連%と、すべてのサードRasselger実行されます。以来、飛行経路を正確に制御することができる無料のボールを2番目の弾丸ライナーを打つの一番下にし、メートルではなく、トップに必要があります。
これは、リサイタル舩zliche院 - telbewegungの文言場合でも、ボールがリリースされ、維持されるように支払います。これは、2番目の手と2番目のTheleviではRT院 - telbewegungを続ける(すなわち、ボールの保持を実行%)、ワット臧一方、中には、すでに基本的な運動を実行する - アングル()は、ボールがリリースさすなわち確保することができます。 2本の腕を - erpr - t.は、鏡の基礎となることができます同じ動きを実行します%連を継続する必要がありますこれは(日、週、月)は、基本的な動きを管理するいくつかの時間がかかることがありますが、忍耐とsの需要がDurchhalteverm。 』




一番最後に忍耐の文字が見えますが、ちょっと、理解するのに忍耐が必要そうです。


個人的には、
『以来、飛行経路を正確に制御することができる無料のボールを2番目の弾丸ライナーを打つ』
のところが好きで、一人でウケてました。

とてもじゃないですが、アサラトの説明とは思えません。



ただ、この翻訳はおいておいて、このページをしっかり読んでいると、だんだんとなんとなく意味するところが分かってきたような気がしなくもないです。

ヨーロッパのアサラト事情をさぐるのに、ちょっと役に立つかもしれません。004.gif

話は長くなるので、続きはまた~
[PR]

by balink8 | 2010-03-02 00:02 | アサラト  

プラスチックと金属

どーも、3日に一度はアサラトでyoutube検索しているMENDERです。

youtube見ていると、面白い動画見つけました。



何だこれ。めっちゃほしい。

そして動画でお知らせされてるサイト、

http://www.thelevi.net/

ってなんだこれ。ドイツ語(たぶん汗)で書かれちゃ読めねーよ。。。



謎は深まるばかりです。

時間がある時にもうちょっと調べてみます。

何か分かったら続報あげます。


それでは~
[PR]

by balink8 | 2010-03-01 00:44 | アサラト