<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

東日本での地震について。

本当に、日本史上例のないほどとてつもない災害が起きてしまいました。


現状のところ、いったいどれだけの被害が出ているかも想像つきませんし、今でもそれが広がっていることは、慙愧にたえません。


津波に襲われた東北現地の被害は、少なく見ても阪神大震災の10倍以上は確実だと思います。


報道を見ているだけで、涙があふれてきます。



ブログの更新は、しばらく、停止します。


被災され、お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りします。
[PR]

by balink8 | 2011-03-12 10:58 | アサラト  

ダンスステージの真ん中で。

先週末の話を少し。


土曜日、久しぶりにライブを見に行きました。


ドラム界で『手数王』の異名をとる超有名ドラマー菅沼孝三氏と、ディジュリドゥのユニット、「異打樹」。


菅沼さんは普通にオリコンをにぎわすバンドのバックドラマーをいくつも務め、世界を相手にやっているプロ中のプロです。


ドラムのソロは、ほんとに人間業とは思えませんでした。


世界ナンバー1のナンバーズジャグラーのアンソニーガットーの動画見た時くらい衝撃受けました。


例え分かりづらいか。


そんでもって日曜日は、ダンスイベントで、タップダンサーLYOMAとの、2回目のステージ。


大きなホールでやったのですが、二人のセッションの前にアサラトもソロでやらせてもらいました。


その日いくつもいくつもあった演目の中で、唯一音楽がかからないのが僕のステージ。



何百人が見守るシーンとしたホールの真ん中で、アサラトの音が鳴り響くのは多分ちょっとシュール。


お客さんのノリがよく、ロールや餅つきのところでプレイ中に拍手喝さい。


あんなに気持ちいい舞台もそうそうありません。



もちろんLYOMAとのステージも大成功。



めっちゃいい日になりました。



アサラトのおかげで、ほんとにいい経験いっぱいできてます。


怪我をしてるザキさんの指もだいぶ治ってきたので、JAMa-zもようやく再始動できそうです。



よーし、またいいライブできるようがんばろ!!!
[PR]

by balink8 | 2011-03-09 00:35 | アサラト  

梶山シュウ主催「日曜市」


さて、久々にイベント告知したいと思います。


この日曜日、13日の夜。


沖縄の三線奏者「コウサカワタル」さんを迎え、一夜限りのスペシャルメンバーでライブします。


主催は尊敬するベーシスト、梶山シュウさん。


この人ベースはほんとにカッコいいんです。



シュウさんがチョイスした、広島でも変わった楽器を操る人を集めたイベント。


現役音大生、海外公演もこなし、難関といわれるNHK邦楽オーディションに十代で通ったという、広島雅楽界期待の箏奏者、木原朋子さん。


演奏人数が少なすぎ、弦が一体何本あるんだ?というインドの楽器シタールを操る佐久間さん。


そんでアサラトと口琴の僕。


いつもに比べて、ちょっと周りがガチなミュージシャンばかりな上に、僕以外全員弦楽器で、ちょっと居場所がありません。笑。


さて、一体どんな音楽が展開されるのか。。。


場所は八丁堀の音楽バー「ジモカフェ」。


僕にとってはひろしまジン大学の授業をやった思い出の場所です。


詳細はコウサカワタルさんのHPのこちらをどうぞ。


http://www.watarukousaka.com/live.html#info0313

楽しいイベントになると思うので、ぜひお時間あるかた来てくださーい♪
[PR]

by balink8 | 2011-03-08 21:46 | ライブ・イベント告知  

アサラトのリズムの相当マニアックな話。

イチローが、打率と安打どちらをより意識してる?と聞かれたことがあって、そのとき彼はこう答えたそうです。


「いや、自分割り算嫌いなんで。」


積み重ねることができる安打数の方に、圧倒的に重きを置いているそうです。だから10年連続200本安打には相当にこだわりがあったとか。




さて、僕は自分言うのもなんですが、アサラティストとしてはともかく、ミュージシャンとしては相当にできそこないです。

一緒にやってる周りの音楽家たちに申し訳ないと思うくらい。


ただ、それでも、音楽として聞かせるシーンでは、それなりにアサラトのリズムについても意識しなきゃいけません。


たまにはそのあたりについて書いてみましょう。



アサラトから楽器を始めた人はたいがいそうだと思いますが、僕は音楽をちゃんと学んだことがないので、最初は大変苦労しました。



アサラトの技術がうまくなってからも、普通の楽器のミュージシャンとセッションする時、『3連で合わせられる?』とか、『シャッフル系のリズムって行けるの?』とか言われたりしました。


その時はなんのことかすら分かりませんでしたが、バンド活動をはじめて1年以上経ち、今ではよーやく練習した曲であればまあ合わせられるようになりました。



それにそもそも、アサラトは演奏できるBPMに制限があります。


80以下くらいのゆるーいBPMの曲や200を超えるような曲はちょっと無理ですよね。


1拍を3分割すれば手の速度は3/2倍になるし、2拍を3分割すれば3/4倍になるから、そのような曲に一応合わせられるようになるのはメリットです。


ただ僕の場合、拍子が合わせられるというだけで、音楽的にかっこよく合わせられているかは微妙ですが。。


技術があって、リズム感さえよければ、好きなリズムでポリリズムを刻めるんでしょうね。


ちなみにアサラトリックのワタリくんは、イタズラの曲の中に「5拍子と7拍子」のポリリズムがあると言っていました。


参ります。


HIFANAの二人のセッションは、リズムの変拍子がすごすぎて、どうなっているのかよくわかりません。


うらやましきかなすさまじいリズム感。


そりゃあリズム感のまったくない僕が、音楽性の追求を諦める気にもなります。。。




ちなみに最近は、マジな練習時間以外は、上述のBPM200越えくらいの曲に、2拍3連のオルタナで合わせて振るのがマイブーム。


これやると左手もまるでごまかしが効かないので、相当いい練習になってると思います。



あれ?


3連をオルタナにすると、2拍6連になるんでしょうか。


でもそれって3連と同じことですよね。


いや違うのかな。


分かる人いたら教えてください。



音楽家どうしでセッションする以上、避けては通れないですが。


やっぱり僕も思います。



「いや、自分割り算嫌いなんで。」


笑。


マニアックなアサラティストの方以外にはさっぱりな日記ですいませんでした042.gif


それでは今日はこの辺で~
[PR]

by balink8 | 2011-03-05 11:52 | アサラト  

待ち伏せ。


が、流行ってるみたいです。


今日もお昼に広島城に出かけると、広大遊技団の女の子、もまちゃんとその友達が話を聞いて僕に会いに来てくれました。


最近なんだかそういうことが多いです。


しかもなぜか全員アポなしのドッキリ登場。


広島城と言ってもすごく広いのに、よくみんな会えるものです。



出張とか、仕事が忙しい時とかにはやっていない日もあるので、ひょっとして、僕に会いに来て会えずに帰ってる人もいるんじゃ??


と、心配になります。笑。


彼女たちは、公務員を志望していて、僕の職場の合同庁舎であった説明会に来たそう。


経済産業省の説明会にも以前来てくれたようで、その子がライブを見に来てくれた時、説明会で応対した若手の女性職員をお客さんの中に見つけてびっくりしたとか。


世間は狭いですね。


就職活動は大変だと思いますが、がんばってほしいです。



皆さん、広島城に来る時はぜひ僕にご一報を~笑
[PR]

by balink8 | 2011-03-04 23:41 | アサラト  

四国よりの使者。


さて、結婚式でのパフォーマンスが2本終わって一息つきましたが、まだまだこれから当分週末は演奏の予定が続きます。


今日は、来週末に控えたイベント「日曜市」のために、尊敬する広島のベーシスト、梶山シュウさんとリハをしてきました。

このライブ、相当面白いことになりそうです。


詳しくはこの次の記事ででも告知したいと思います。


スタジオのあと、四国は愛媛から来たアサラティスト、ずっきーくんと会いました。


彼が仕事の都合でこちらに来るとのことになり、会ったこともない僕にmixiでメッセージをくれました。


寒かったのですが、ちょうど連絡のあった広島のアサラティスト、りょーたとゆーすけも誘い、4人で振り倒しました。


ずっきーくんはアサラトの腕はまだまだこれからという感じでしたが、愛媛ではアサラトをやっている人も少ないようなので、ぜひうまくなって盛り上げていってほしいです。


それにしても、りょーたとゆーすけはメキメキ腕をあげています。


広島にもだいぶ若手が育ってきたなーと感じます。


負けてられませんね。



アサラトって、ほんと楽しいと思った夜でした004.gif


それでは~
[PR]

by balink8 | 2011-03-03 23:52 | アサラト  

だから、青春というのは。

キラキラしているんだなぁ、と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日曜日、前日に続いて、今度は披露宴から結婚式に参加しました。


その人は。


このブログの創始者、balさんです。


最近になってこのブログの読者になられた方は、なぜブログの投稿者名が「MENDER」ではなく、「balink8」なのか、不思議に思われた人も多いんじゃないんでしょうか。


実はこのブログ、はじめたのは僕じゃないんです。


2年前の夏、僕の大親友にして、最高のアサラト仲間、balさんがはじめたのです。



せっかくだからと途中から僕も更新に参加し始め。


なぜかいつの間にか僕が中心になってしまい。


彼がデザインの仕事で東京に行ったのを機に、完全にMENDERのブログになりました。



今思い起こして、最初の方の記事を読み返すと。


彼との思い出がいっぱいです。



実のところ、広島では出会ってから実質1年くらいしか一緒に活動しなかったんですが。



なのに思い出がいっぱいです。


彼がいなければ、広島アサラトカフェもこのブログもなかったし、僕のその後のアサラト活動や人生も、ずいぶん変わっていたと思います。



それぐらい、いろんな影響を受けました。



そんな彼の結婚式。



僕は、余興で二人でアサラトを一緒にすることができ。(新郎が余興って前代未聞でしょ笑)


ケーキバイトで友人代表で食べさせてもらい。


2次会の乾杯のあいさつまでさせてもらって。


3次会の最後に夫婦それぞれと握手を交わして、お祝いすることができました。




最初に戻りますが。



若くて、自由な。色んなことがある時間。


青春と呼ばれるその時間。



それは、限りあるからキラキラしてるんだなぁ。


なんて素直に思いました。



家庭を持てば、人生の次のステージに進むのでしょう。



それは決して悪いことじゃない。


すばらしいこと。



いつかは僕も今の時間を終えて、そうならなきゃいけないなぁなんて、柄にもなく思いました。


今、自由にアサラトを振れる時間を噛みしめて。



今日は彼の結婚を心から祝福したいと思います。


結婚しようが、いくら年を取ろうが、いつまでも楽しくアサラト振れたらいいなぁと思います。



balさん、結婚おめでとー!!!!!!!


広島アサラトカフェ、ばんざーい!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]

by balink8 | 2011-03-01 23:20 | アサラト