<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

アサラトユニット「鴨印」


さて、ドイツの話は置いておいて、今日は関西の新アサラトユニットを紹介しましょう。

その名も「鴨印」。


いや、その名もとか言っちゃいましたが、僕も名前しか知りません。とりあえず動画をどうぞ。





メンバーは関西の重鎮、コイズミ楽器の響くんを中心に、このブログでも何度も出ているシンゴまん、新星ノブマサくん、さらに後二人くらいいるみたいです。


HIFANAやnuchigusui、asaratolic、今までのアサラトユニットはほぼ東京圏でしたが、ついに関西にも、という感じです。


うらやましい。


動画を見る限り、ユニットとしてはまだ相当荒削りですが、結成してから日も浅く、それも当然というもの。


一人ひとりの腕は確かなので、今後に期待です004.gif
[PR]

by balink8 | 2011-05-31 23:59 | アサラト  

KAKUEIさんとの電話。


さてこの休み。


KAKUEIさんの連絡先をお教えいただき、電話でヨーロッパ行きの話をしました。


まだ先なので、詳しい内容は詰まっていませんが、まずは心意気の疎通。


KAKUEIさん、EJCそのものに興味と言うより、以前からヨーロッパやアメリカにもパチカを流通させたいなぁということを考えておられたそうです。


さすがに日本のパイオニア、スケールが違います。


今回のEJCの話を聞き、渡りに船ということで参加を決めてくださったとのこと。


とりあえず、僕が仕事で6月に東京に行く便があるので、その際に打ち合わせをすることになりました。


電話で話しただけでも分かる、大きな暖かい人でした。



KAKUEIさんは、本来がミュージシャンで、パーカッショニスト。それも凄腕。


僕は生粋のアサラティスト。


リズムや音楽で勝負したらきっとまるで敵いません。



ただ、ジャグリングのイベントでなら、僕がお力に立てる余地は十分にあると思います。

ぜひ、二人でドイツのステージでいいセッションしたい。


うーん、楽しみ。



まずは、パスポート早く取らなくちゃ・・・笑
[PR]

by balink8 | 2011-05-29 22:29 | アサラト  

その男の名は。


一日引っ張ってしまいましたが。


ミュンヘンにご一緒する心強い味方。


その人の名は・・・


パチカのパイオニア、KAKUEIさんです!!!




日本のパチカ・アサラト界では、僕が実際にお会いしたことがない、最後の大物といってもいい人物。笑。



もともとは木の実でできたアサラトをプラスチックで作って楽器店に流通させ、教則DVDを作り、日本中でワークショップを行う。


間違いなく日本にパチカを広めるのに大きな貢献を果たした人。


もともとEJCに興味があったそうですが、僕が行くという話を聞いて、参加を決意してくださったとか。


嬉しすぎます。


ぜひドイツの前に一度お会いしてみたいなぁ012.gif
[PR]

by balink8 | 2011-05-26 23:09 | アサラト  

EJC、旅は道連れ。


前回の続きです。


ミュンヘンに行くのは、もちろん一人ではありません。


そもそもは、ジャグリングショップナランハの店長シゲさんに誘われたのが始まりです。


シゲさんは、業務の一環として、この一大イベントに、毎年参加されているそうです。


なんとうらやましい。


そして、そこでショップを開設しているそうなんですが、パチカがウケるらしいんです。


ヨーロッパにはまるで流通しておらず、シゲさんが簡単なリズムを刻んで見せるだけでも、買っていく人がいっぱいいるんだとか。


なので、いつか本気のプレーヤーを連れてEJC行きたかった、とのことなんです。


そして僕に白羽の矢を立てていただいたわけです。



僕にとっても、海外にアサラトをやりに行けるなんて、夢のまた夢。


自費の渡航で、何十万円かはかかってしまいますが、誘いを受けて快諾しました。



そしてそして、この話を聞いて、今回はさらにすごい人が、一緒に海を渡っていただけることになりました。


その人とは。。。


次回に続きます011.gif
[PR]

by balink8 | 2011-05-24 23:14 | アサラト  

夢は遠く、ミュンヘンへ。

さて、早いもので季節は5月の下旬。


だいぶ暑くなってきました。



実は、この夏、僕の人生一世一代の出来事になるであろうイベントへの参加を予定しています。



GWに東京のナランハジャグリングまつりに行ってきたのは、もう何度も日記に書きました。


去年JJFという、日本一のジャグリングパフォーマーが集まるイベントを見に行って以来はまっているジャグリングの世界。


僕のアサラトスタイルがすごくジャグリングに近いためか、向こう側の世界もすぐに受けれてくれるので、どっぷり足を踏み入れてしまっています。


そしてこの世界、JJFが日本最大のイベントならば、もちろん世界最大のイベントがあります。


ヨーロッパのどこかの国で、毎年夏に行われるそのイベントの名は、


European Juggling Convention」。


数千人のパフォーマーが、街を占拠するというとてつもないイベントです。


今年の開催は、ドイツのミュンヘン。


これに、勝手にアサラト界を代表して行こうと思います。


今から胸がドキドキ。



詳細はまた追々書いていきます004.gif
[PR]

by balink8 | 2011-05-22 22:22 | アサラト  

広島のアサラト。

ここ最近、広島にもずいぶんアサラティストが増えてきました。

僕がはじめたころとは、雲泥の差です。


今までこのブログでも何度か紹介した、廿日市のりょーたとゆーすけが、新しい動画をあげていたので紹介します。



左側のゆーすけ、アサラトを初めてまだ1年も経っていないのに、相当な腕を持っています。


練習してないので何とも言えませんが、半回転投げについては僕よりうまい。


彼ら以外にも、本当にうまいやつらが増えてきました。


嬉しいし、やる気が出ます。



できるだけ長いこと、彼らの前を行っていたいなぁと思うMENDERでした。
[PR]

by balink8 | 2011-05-20 23:04 | アサラト  

バランス大事に。

ドラゴンクエストではありませんが。


今年の作戦は、これで行こうと思います。


昨日仕事終わりに、広島のグリーンアリーナで、職場のバレー部の練習に参加してきました。


普段の僕から想像つかないかもしれませんが、職場のバレー部では、数年前までマネージャー兼プレイヤーみたいなことをしていたのです。


職場の部活なので、月に2回くらいしか練習はないですが、アサラト始めてからそちらに集中するため辞めていました。


今回久しぶりに誘われたので行ってみたら、これがすごく楽しかったんです。


今日はめちゃめちゃ筋肉痛なので、日ごろの運動不足を痛感しました。



ただまあ、実際のところ筋肉痛が次の日で、安心はしましたが。笑。




実は職場の部活、フットサルとテニスもやっていたので、こちらもまたいつかやれたらなと思っています。


仕事や音楽があっても、ちょっとずつなら自分次第でどうとでもなるはず。


たまには運動してリフレッシュも大事だなぁと思った、月曜日でした☆
[PR]

by balink8 | 2011-05-17 23:57 | アサラト  

ナランハ祭りで出会った男たちの話。

さて、GWに行われたナランハ祭り。


一日目が終わった後、ジャグリングショップナランハの店長しげさんに紹介をしてもらった二人と、ご飯を食べに行きました。


その二人というのが、スーパージャグラー、KOMEIくんと、MASAKIくんです。


この二人、知っている人は知ってるでしょう。


まだ若いですが、日本のパフォーマンス界を引っ張って行っていると言っても過言じゃないほどの男たちです。


KOMEI



MASAKI



まあ、二人とも、本物でした。


技もそうですが、パフォーマンスに対する考え方が違いました。


もちろん考え方の是非はありますし、彼らの想いをここに書くようなことはできませんが、自分の道を突き進んでいる、ストイックな若者でした。


二人とも僕より若いですが、歴は10年以上。


恐縮しきりですね。


この二人に飯をおごれただけで、一生の自慢になります。笑。


ぜひ、機会あったら二人のパフォーマンス見てみてください☆
[PR]

by balink8 | 2011-05-16 22:44 | アサラト  

そういえば。


ナランハ祭りのことを書いてる途中ですが。


ジャグリング繋がりで、忘れないうちに書いておきたいことがあります。


このブログでも何度も紹介している、京都在住の僕の友人、「しんごまん」こと酒田慎吾

彼が、7ボールジャグリングの日本記録の更新に成功しました。


その動画がコレ。



いや、ほんとすばらしい。


僕もボールジャグリングをちょこっとだけやりますが、5個投げるのさえ、え、ほんとに可能なの?って難しさなんです。


それを、7個で、1分38秒間。


彼ほどに、1分そこそこの時間の持つ価値を知っている男はなかなかいないでしょう。



『―ひとつのことを情熱を持って続ける。

なんて単純で、
なんて難しいことだろう。

でも、一度自分が決めたことを簡単に諦めてしまうようでは、まだまだビギナー。

「夢は逃げない、逃げてしまうのは自分」

一日、一日を噛み締めて、大切に生きよう。 』


彼の日記からの引用です。


ハタチの彼にこんなことを言われちゃあ、僕もまだまだだと思いますし、やる気が出ますね。


がんばりまーす!
[PR]

by balink8 | 2011-05-14 23:16 | アサラト  

賞状をもらう。

さて、更新休んでた間の話を書きましょう。


いろいろありましたが、やっぱり最大の思い出は、GWに行った「ナランハジャグリングまつり」です。


以前にも紹介しましたが、「ジャグリングショップナランハ」は、東京は板橋に店を構える日本唯一のジャグリング道具専門店。パチカもアサラトもあります。


そこで開催されたイベントが、このお祭りです。


ジャグリング道具のセール、フリーマーケットや各種ワークショップ、日本有数のジャグラーのゲストステージなど、ジャグラーのジャグラーによるジャグラーのためのイベント。笑。


もちろん行った目的は、アサラトを音楽界以外にも広めるためです。



そして、その一環として、一日目の目玉として行われた「ジャグリング10秒コンテスト」に出場しました。


なんとたった10秒の制限時間で争われるコンテスト。


その分出場者も多く、60人弱の超ハイレベルな技の数々が、一瞬の火花を散らしました。


結果、なんと3位入賞を獲得できました。



1~3位の人の動画です。




賞状なんて貰ったのは学生の時以来。


アサラトでもらったのは初めて。


アサラトが、一般のパフォーマンスコンテストで入賞したこと自体、おそらく日本初でしょう。


色んな道具の達人レベルが大勢集まった場所での賞ですから、我ながら、本当に価値があります。


コンテスト入賞のおかげで会場に名前が売れ、いっぱい声をかけてもらって、目論見通りアサラトを広めることができました004.gif


おまけにナランハさんからの配慮で、、イベントのワークショップの一環、「はじめてのパチカ」の補助講師までさせていただきました。


感謝感謝。


ジャグリング祭りの話は、次に続きまーす☆
[PR]

by balink8 | 2011-05-13 23:36 | アサラト